Ofigo® 契約書管理エンタープライズ

お問い合わせ0120-047-055(受付時間:月~金 9:00~17:00) 契約書管理システム「製品比較表」今すぐ資料ダウンロード

コラム(契約書に関する基礎知識)

契約書の基礎知識

第1回 契約書とは

契約書は法的拘束力を持つ約束を明確にした文書

契約書とは、当事者同士の合意をもって結ばれた約束を明確にするための文書のことです。契約を締結すると法的拘束力が生まれ、契約の当事者は契約を守らなければならなくなります。

契約書を作る理由と得られる効果

契約書を作成する理由は、契約の内容を当事者が確認できるようにするためや、契約内容を忘れることから起こる当事者の争いを防ぐため、争いになったときの証拠とするためです。

当事者同士が契約内容を確認できる
契約書を作成することで当事者がいつでも契約内容を確認でき、契約を破ってしまう間違いを防ぐことができます。日本では、文書に残さない口約束でも契約として成立しますが、口だけの約束だと契約の内容を誤解していても気がつかないことが多く、確実性がありません。
当事者間の争いを防げる
契約書があることで、当事者同士で起こる争いを防ぐことができます。契約の内容が複雑であったり、膨大であったりする場合、契約内容を正確に理解しておくことは難しいことです。また、時間の経過とともに内容を忘れてしまうことも考えられます。そのような誤解から起こる争いを防ぐためにも契約書が有効です。
裁判になったときに証拠となる
万が一、当事者間で契約について裁判になった場合、契約書という証拠があればどちらが正しいのかを判断することができます。契約書はトラブル時の大事な証拠となる文書です。そのため、紛失することのないように管理することが重要となります。
契約書を作成する際のポイント

契約書を作成する際は、契約書の中身をできる限り明確に定めておくことが重要です。具体的には誰が、なぜ、何を、いつ、どこで、どうやって、いくらでといったことを、契約書に細かく明記するようにしましょう。

契約書は法律で書式が決まっているわけではなく、双方の合意によって自由に作成できます。しかし、双方の合意だけでは契約書は効力を持ちません。契約が公序良俗に反していたり、違法な内容が含まれていたりする場合は、契約自体が無効となるので注意しましょう。

資料ダウンロード・お問い合わせ